ドバイメトロの休止駅はあと一つ

4月16日大雨のあと、数日後にはドバイメトロの全線での運転が再開されましたが、4つの駅が営業休止のままでした。
そのうちの3つの駅が5月19日に再開したようです。

『Three Dubai Metro stations reopen after flood closures』


再開したOnpassive駅、Equiti駅、Mashreq駅は、モール・オブ・ジ・エミレーツ(Mall of the Emirates)最寄りの同名駅を挟んで、北側がOnpassive駅、Equiti駅、南側がMashreq駅という位置関係にあります。
おそらく、このあたりの浸水被害が大きかったのでしょう。

 

これでまだ休止中なのは、レッドラインの終点に近いEnergy駅だけとなりますが、これも来週には再開される予定です。

Dx11

Energy駅はIbn Battuta駅の隣の駅でアルミ工場の最寄り駅ですが、駅の周りには建物も少なく、どうしてここがこのように時間がかかっているのかは、よく分かりません(写真はEnergy駅方面からIbn Battuta駅に到着するレッドライン)。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

バス運賃の計算は実走行距離基準らしい(多分)

2月から、アブダビのバスの運賃初乗りDh2プラス距離制に変わったと、以前に紹介しました。

このバス運賃の「距離」の計算なのですが、普通の路線バスだと、同じ停留所の間を同じ会社のバスに乗れば運賃は同じ、また往路も復路も同じ、というのが常識だと思います。
ところがアブダビのバスに何度か乗ってみると、どうも往路と復路では運賃が違う、また経由が異なるバスを使うと、同じ停留所間でも運賃が違うことがわかりました。

240511b

例を挙げると、カリディア地区のZayed The 1st Streetマリーナモールを結ぶバス路線には、Spinneysスーパーマーケットの前()を通る5系統、65系統と、インターコンチネンタルホテルの前()を通る7系統、67系統があるのですが、遠回りの7系統、67系統に乗ると、同じ停留所間でも2fills(= Dh 0.02)高い
また、マリーナモールに入る時は、モール前の駐車場をぐるっと回り込んで(マゼンタ)降車停留所に到着するのに対し、マリーナモールから出る時は、モール前の発車停留所から出発して、真っ直ぐコーニッシュに向かって行く(オレンジ)形になるので、モールに行く時の方が帰る時よりも3fills高い。
いずれも、実際に乗ってみた時にカードから引かれた金額で、どうもバスが走った実走行距離を測って、運賃を引いているようです。

240512

写真はマリーナモール駐車場に新しく設けられたバスの滞泊場所です。

1fillsあたり200mという換算なんですが、これだとバス停で複数のバスが数珠繋ぎになっている時など、バス停で乗る位置によって、同じ路線、同じ停留所間でも、日によって運賃が異なる、ということが起きるのかもしれません。

まあ1fillsというのは0.4円の違いでしかないのですが。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

窓口一本化?(7人制ラグビー)

7人制ラグビーHSBC SVNS シリーズの小ネタを一つ。
配信を見ていて気がついたことがありました。

このシリーズでは試合に勝つと、インタビュアーが選手を一人捕まえてインタビューをすることが多いのですが、必ずしもキャプテンに限らず、トライをあげた選手など、いろんな選手がインタビューを受けています。

日本チームも、以前の試合の動画を見ると、試合ごとに異なった選手がインタビューを受けていたのですが、中には英語が苦手そうな選手もいたり。

D722_20240506235801

ところが最近の試合では、インタビューを受けるのは中村知春選手(写真右:ドバイ大会のアイルランド戦)に一本化されたみたいです。

チーム最年長ということもあり、いつも堂々とした受け答えをされています。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年5月 5日 (日)

惜しくも6位(7人制ラグビー)

以前に紹介した、7人制ラグビーHSBC SVNS シリーズ。この週末は第7戦のシンガポール大会が行われました。
12カ国がコアチームとして参加しているこのシリーズは、次の最終第8戦では上位8カ国はチャンピオンシリーズに出場できますが、下位4カ国は下部シリーズの上位4カ国とも戦うチャレンジシリーズに回り、そこで上位4カ国に入らないと、コアチームに残れなくなってしまいます。

女子のみがこのコアチームとして戦っている日本ですが、ここまでの成績が10位。9位のブラジルとは7ポイント、8位の英国とは9ポイントの差がありました。

でも今大会で日本は、プール戦で現在4位のアメリカに9年ぶりに勝利するという金星を上げて、プール2位で準々決勝に進出。プールでの成績が良かったので、豪州、ニュージーランドではなく、フィジーとの対戦となり、初めて準決勝に進出できるかも、その結果上位8カ国に入れるかも、という期待が膨らみました。

4日午後に行われたフィジー戦は、結果として10対12で敗戦。
コンバージョンキックの差が出たのと、最後のロスタイムでの攻撃であと数十cmまで迫ったにも関わらず、という惜しい試合でした(2000年1月に行われたNFLのスーパーボウルで、最後のプレーでタイタンズがあと1ヤード届かず「The Longest Yard」と言われた試合が思い出されます)。

D240503

ドバイ大会でもプレーしていた、フィジー戦のヒロインとなった矢崎選手です。

その結果として5日午後にアイルランドとの5位決定戦を戦った日本でしたが、これも17対19で惜敗。こちらもロスタイムにトライを奪ったものの、コンバージョンが決まらずに追いつけなかったという試合でした。

UAEでも観ることができるRugbypass.tvで試合を観ていましたが、昨日も今日も、アナウンサーが「日本は準決勝にセンチメートル、ミリメートル届かなかった」と、フィジー戦の最後の攻撃のことを言い続けていました。

レバタラですけど、どちらの試合も試合終盤に立て続けてにトライをとることができたけど、その時にはドロップキックの上手い内海選手が下がっていた、というのも不運でした。

D240501

D240502
ドバイ大会での内海選手と、ピンボケですけど、そのコンバージョンキックです。

この試合で日本はブラジルを抜いて9位になるはずです。
今月末にマドリードで開かれるチャレンジシリーズでは、最上位チームとして出場することになりますが、きっちりコアチーム残留を決めてくれると思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

本日も雨です

今日(5月2日)は朝から

240502

先月の大雨ほどではありませんでしたが、それなりにまとまった量の雨が降り、道には水溜りもできて、会社はリモートワーク推奨でした。まあ、午前中にはやみましたが。

240503

この国が問題なのは、排水能力が低いことで、このような雨水升はあっても普段から舞っている砂で詰まってしまって、このように水が抜けて行かないことが問題。そして砂地も、砂の下には塩分が固まって水を通さない層ができているものなので、低地に溜まった水は蒸発するのを待つしかない、というのがこの国の実情です。

240501

さて、先日ドバイに行った際に、ドバイメトロのアルグバイバ駅で、このような「Umbrella Sharing Network」という機械を見かけました。ドバイの交通カードであるNol Cardをタッチして、手前の傘を左から引き抜き、使い終わった傘は右手前に戻すようでした。
まさかにこの国でこのような機械を見ることになるとは、思ってもいませんでした。
ドバイ市内にどれくらい設置されているのかわかりませんが、こういうものが役立つようになる気候になって来たのでしょうか。

5月に本格的な雨なんて、少なくとも私には初めての経験です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月29日 (月)

交通違反の話題2つ

アブダビやドバイの街中には、下の写真のように多くのカメラが設置されており、スピード違反や交差点での停止不備などを写真に撮られると、罰金を支払わされます。

Auh84

でも、それを滞納する者が多いのも事実であり、そういう連中は毎年の車の登録更新を行わない(登録更新の時に罰金は清算しなければならない)、その結果として無保険車(登録更新には保険の契約が必須)が街中を走っていることが、時々問題になります。

その交通違反の罰金について、先週2つほどニュースが流れました。

『Dubai Police waives traffic fines recorded during storms』


一つは、先日の大雨の際に発生した交通違反に関しては罰金を課さないというもの。
溢れてくる水から逃れるために、本来走ってはいけないところを走ったり、やむなく車を放棄したり、といった事例はあったでしょうから、これは妥当なところかと思います。

『UAE to waive traffic fines for Omani citizens dating back to 2018』


もう一つは、先週、オマーンのスルタン・ハイサムがUAEを訪問して、両国の関係強化に合意したことを受けてか、オマーン人の交通違反について2018年以降の罰金は放棄するというもの。
何の関係があるの? という話でもあり、またそんなに長い間、溜め込んでいる者がいるの? という話でもあります。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年4月28日 (日)

グローバルビレッジの休園入りは5月5日まで延長

先日も紹介したドバイのテーマパーク、グローバルビレッジ(Global Village)は、屋外型なので、毎年夏季は休園となりますが、今年は4月28日までとアナウンスされていました。

でも、この4月はなかなか気温が上がらずに、もう5月に入ろうかというのに最高気温が30度程度ですから、もう1週間大丈夫という判断なのか、5月5日まで延長と発表されました。

『Global Village will now close on May 5』


もともと今シーズンは10月の開園も予定よりも1週間早かったのですが、やはりこの地域の気候が変わっているのでしょうか。

2403dxb12

グローバルビレッジの来園者数は昨シーズンが900万人とのこと。半年でこの数字だと、世界一の来園者数を誇るテーマパークがマジックキングダムの年間1700万人ですから、毎日の来園者数はそれにほぼ匹敵しているということですね。
ちなみに12歳以下の子供のパーク入場料は先週から無料になっています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年4月27日 (土)

最近ちょっとおかしいART

アブダビ市内を走るバッテリー駆動の無軌条電車ART(Automated Rapid Transit)。通常の電気バスと異なり両サイドにドアがあって、前後どちらにも運転台がついている、というこの新しい乗り物は、アブダビ島の東西を貫き、リーム・アイランドマリーナ・モールを結ぶ路線で、昨年の秋から運行を開始しました。

当初は週末の日中だけの運転で無料で乗車できましたが、2月頃から市内バスと同じ運賃を取る形で有料化され、運転時間も月曜日と火曜日を除く毎日、10時から20時までと拡大されました(ラマダン中は15時から25時まで運転)。

Auh81_20240427231101

ですからこのように夜の街を走る風景が見られるようになりました。

Auh82

また、車内にはバスと同じハフィラットカードの読み取り機が設置され、ARTとバスの乗り継ぎでも、1時間以内なら乗り継ぎ後の初乗り運賃がかからないことがわかりました。

ただ一つ。よくわからないのが、2月頃から運転時刻が公表されているものよりも20分くらい早いこと。最初はダイヤの乱れかと思っていたのですが、どの「列車」も同じようにズレた時刻で運転されています。
だったら、時刻表の方を直せば良いのにと思うのですが、どうしてこんなことを続けるのでしょう。これではみんなあてにしなくなります。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年4月24日 (水)

アブダビ空港のタクシー乗車方法が変わりました

これまでアブダビ空港では、タクシー乗り場に行くと、来たタクシーに次々に乗って行くのが基本で、大人数、大荷物の時にはミニバンの方に誘導される、といった流れで、あまり長い列を見ることはありませんでした。

Auh77

ところが、日曜日の夜(月曜日早朝)にアブダビ空港に到着し、到着ロビーに出てみると、タクシー乗り場に長い列ができていました。
どうしたのかと思ったら、ドバイ空港のターミナル1でやっているように、タクシー乗り場にある程度(20台程度)の空のタクシーを待機させてから、列になっている利用客を乗り場に送り、全員がタクシーに乗ったら、そのタクシーを全部出発させて、また空のタクシーを送り込む、というバッチ処理をやっていました。

Auh78

途中で「1人か?」と聞かれ、セダンで間に合う客とそうではない客に分け、私は一人だったのビルの左手出口から外へ。

Auh79

ミニバンが必要な客は中央寄りの出口から外へ、という運用でした。
まだこの方法を取り始めてから日が浅いようで、どれだけ列を進ませるのかとか、ちょっとまごついているところもありましたし、もともとタクシー乗り場がそういう構造ではないという問題もありそうでしたけど、確かに、セダンのタクシーがうまく使えていないなとは思っていたので、これはこれで良い方法かと思います。

Auh76

ちなみに、1月時点ではタクシー乗り場を示す矢印が実態と合わなくなっていた到着ロビーのサインは、修正されていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年4月23日 (火)

B787は良かった

日曜日のエティハド便で帰って来ました。
確かに直行便は早いですね。高いですけど。

久しぶりの搭乗でしたが、利用客が戻ってきて機材を大型化する必要があったのでしょう。以前はB787でしたが、今回はB777でした。

Auh74

B787の横9列に対して、B777は胴体幅が40cmしか違わないのに横10列(ちなみに横10列だったB747より胴体幅が60cm狭い)。狭苦しさを感じる上に、設備が全体的に古びており、座席モニターのタッチスクリーンの反応が悪い、壊れているイヤホンが多い、テーブルがちょっと傾いているなど、経年劣化と言えそうな点が目立ちました。
これだと、先日のトルコ航空とどっこいどっこい。

これからもこのB777が使われるなら、ちょっと値段には見合わないなあと思います。エティハドの大型機はB777かA380ですけど、どちらも古い機体になってきており、今後、2便飛ばすには需要が足りないけどB787やA350ではちょっと足りない、という路線はどうするのでしょう。

Auh75

ところで今回の帰りのフライトは、飛行時間だけで11時間以上かかりました。向かい風が強いからとは言ってましたが、実際には、かなり南を迂回する飛行経路だったようです。
写真には残していませんが、往路はカシミールからチベットの北を回って北京上空から日本に向かいましたから。
ひょっとしたらこれは、イランに近づかないようにしたのでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

«E11号線は復旧しました