« ブダペストに来ています | トップページ | 最後のオリエント急行の旅(2) — イスタンブール1日目 »

2009年11月20日 (金)

最後のオリエント急行の旅(1) — イスタンブールまで

事の起こりは8月の終わり、日本の本社から入った一通のメール。

「ところで岳さん、オリエント急行がなくなるそうですけど、乗りに行かないんですか?」

今年は夏、忙しく、全く休暇を取らなかったため、多くの休暇を残してしまっていた私。子供が休みの時にと考えると会社も休みのことが多く、なかなか日数を消化できない上に、家族は夏に私を置いて某国に行ったりしているので、仕事が一段落する11月に、一人だけで休みを取ろうと画策していたところにこの知らせ。

といっても、今のオリエント急行はウィーンとストラスブールを結ぶだけの列車で、それだけ乗っても、乗った事のある区間だし、あまり面白くない。
であるなら、やはりイスタンブールから列車を乗り継いでウィーンまで行き、そこからオリエント急行に乗ろうということになりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村

しかしながら、現在のオリエント急行とウィーンとイスタンブールを結ぶ列車は通しで乗ろうと思っても半日のロスが生じます。まああまり若くもないことですし、途中のブダペストでブレークを入れることにしました。

そこで、イスタンブールからベオグラードへ向かう「Balkan Express」を予約しようとしたのですが、これがなかなか難しい。何しろ鉄道で旅行するなどという概念が希薄なこの国の旅行会社は、これまでの経験であてにならないということはわかっています。トルコ国鉄のHPを見ても海外からの予約は難しそう。
そこで、HPにイスタンブール/ブカレストの「Bosphor」が載っていた日本の「(有)鉄道の旅」を通じてトライしたのですが、「Balkan Express」経由は扱っていないとの回答。現地到着して直ぐに予約ということも考えましたが、そこで取れなかったら後の日程が大きく狂うので、どうせブレークも入れることだしと割り切って、ブカレスト経由で行くことにしました。

帰りは、プラハで1泊するところまでは決めておいて、後は、イスタンブールで「Balkan Express」の寝台が取れるようならそれを使い、取れないなら、どこからか飛行機でイスタンブールに戻るという計画を立てました。
この時、プラハ周辺からイスタンブールへの航空運賃(トルコ航空片道)をいろいろ比べてみたのですが、プラハとウィーンが高く、次いでブダペスト、ワルシャワ、ベオグラード、ミュンヘン、ベルリンの順。もし「Balkan Express」が取れなければ、おそらくミュンヘン経由でイスタンブールに行っていたでしょう。

アブダビとイスタンブールはトルコ航空のチケットがわずか233ユーロで買えたのがラッキーでした。

アブダビを出発したのは11月16日の早朝。
定刻は3:30でしたが、折り返し便の到着が30分以上遅れたため、搭乗が始まったのが既に3:30を過ぎた頃で、結局20分の遅れで出発しました。

最近は、お金持ちの航空会社に乗る事が多かったので、トルコ航空の機内設備のそれらとの格差がかなり目についてしまいました。エコノミーもシートに画面はついていますが、映画は3本ほど、出発前のデモはCAが行い、位置情報を示すチャンネルでは、ルートの線は出るものの背景の地図が出ずといった具合。トイレのシンクもつまっていました。

Img_5354
乗客は全部で45人ほど、キャビンの前方に集めて座らされていました(普通これだけ空いていたら中の席は割当ないでしょうに)が、離陸と同時に皆、席を移り、私も3人がけを占拠して横になって過ごすことができました。

到着もやはり20分遅れ、表示に従って入国審査場へ向かいます。
審査場の列の並ばせ方があまり洗練されているとは言えず、各ブースに中途半端な長さの列ができています。人によって、かなり時間がかかるケースもあるため、並ぶ場所の運不運がありそうです。
約20分並んで係官の前に。他の人が結構時間がかかっていたのに対し、余りにも早くパスポートが返って来たので、ちょっととまどってしまいました。

荷物を受け取り、両替をして、帰国日のことを考えて荷物を預けられる場所を確認してから、市内に出るためのメトロ乗り場に向います。

いよいよ鉄道の旅が始まります。

(お断り)各国の地名等のつづりにはウムラウト付などの独自の文字が混じっていますが、この一連のアップでは、通常のアルファベットで代用させていただきます。

|

« ブダペストに来ています | トップページ | 最後のオリエント急行の旅(2) — イスタンブール1日目 »

ヨーロッパの鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後のオリエント急行の旅(1) — イスタンブールまで:

« ブダペストに来ています | トップページ | 最後のオリエント急行の旅(2) — イスタンブール1日目 »