« 2014年ロンドンの鉄道(4) ディストリクト線の郊外駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(5) サークルライングループの車両 »

2015年4月 8日 (水)

1980年代の新潟の鉄道(4) 日本海

 
1980年代の新潟シリーズ、今回は「日本海」です。
もともと「日本海」は新潟地区の利用は考えられていなかったため、写真を撮るには難しい列車でした。特に、2往復から1往復になった時に残った「日本海」は、全く撮影不可能な時間帯でしたが、もともとの「日本海」は、夏場であれば撮影可能な時間帯を走る列車で、1往復化の際には、オリジナルの方が廃止となってしまいました。

19852na08

 
村上・間島間の撮影名所、大月陸橋をくぐる「日本海」です。
 
 

19852na09

 
上と同じ列車の後追いです。

19872na25

 
24系化された後も、多客期には20系の臨時「日本海」が設定されていました。
今川・越後寒川間を走る臨時「日本海」です。この写真を撮った場所がどこなのか、今回住んでいた時に探したのですが、ピッタリ来る岩場が見つかりませんでした。おそらく蓬莱山の少し今川よりだと思います。
**********

20123na

 
2012年に大月陸橋で撮影した「わくわくドリーム」です。
1枚目の「日本海」と比べると、土地改良が進んで田んぼの形が変わっているのがわかります。

|

« 2014年ロンドンの鉄道(4) ディストリクト線の郊外駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(5) サークルライングループの車両 »

80年代の日本の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1980年代の新潟の鉄道(4) 日本海:

« 2014年ロンドンの鉄道(4) ディストリクト線の郊外駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(5) サークルライングループの車両 »