« 2014年ロンドンの鉄道(6) セントラルライン | トップページ | 2015年のアブダビ(1) 成田からアブダビへ »

2015年5月 2日 (土)

1980年代の新潟の鉄道(6) 特急「鳥海」

東北・上越新幹線が上野まで開業した1985年には、わずかに残っていた上野・秋田直行の在来線特急「鳥海」や急行「佐渡」も廃止されましたが、多客期には「鳥海」が臨時特急として走っていました。
 

19862na06

中条・金塚間の船戸川鉄橋を渡る上り「鳥海」です。まだ櫛形山脈に雪が残っている時期ですから、春休み中の写真です。このポイントは、現在は送水管の橋が手前に架かってしまい、こういう写真は撮れなくなりました。
 

19853na06

同じく中条・金塚間を走る「鳥海」の後追いです。夏休み後半の写真です。
臨時の昼行特急「鳥海」が何年頃まで走っていたのか、確認はとれませんでした。
1990年には、「あけぼの」の経路変更で「鳥海」が夜行特急の愛称として使われるようになりましたから、その頃でしょうか。
 

19862na14

加治・新発田間を走る上り「鳥海」です。加治駅の新発田寄りにある跨線橋から撮っています。このあたり田植えはちょうどゴールデンウィーク頃になります。
********************
 

Dsc07972

上の写真と同じポイントから2013年に撮った下り「いなほ」です。手前にあったはざかけ用のはさ木は切られてしまっていました。
 

|

« 2014年ロンドンの鉄道(6) セントラルライン | トップページ | 2015年のアブダビ(1) 成田からアブダビへ »

80年代の日本の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1980年代の新潟の鉄道(6) 特急「鳥海」:

« 2014年ロンドンの鉄道(6) セントラルライン | トップページ | 2015年のアブダビ(1) 成田からアブダビへ »