« 2014年ロンドンの鉄道(8) Liverpool Streeet駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(9) Romford駅 »

2015年6月19日 (金)

1980年代の新潟の鉄道(9) 50系客車

新潟シリーズの9は50系客車です。
 
羽越本線は村上・間島間のデッドセクションで直流・交流が切り替わりますが、村上以北を走る普通列車の利用客はさほど大きくないため、高価な交直流電車を走らせることなく、現在でも全て気動車で運転されています。
しかしながら、以前はEF81が牽引する客車列車も運転されていました。
80年代半ばには旧型客車は淘汰され、50系客車となっていました。
 

19852na05

金塚・中条間を走る、朝の下り50系客車列車です。白新線には入らず、新津を起点にしていたと記憶しています。
 

19852na06

上の列車の後追いです。客車列車が運転されていた理由の一つに、郵便輸送、荷物輸送がありました。この朝の列車は郵便車・荷物車を1両ずつ連結したフル編成でした。
この場所は、今は高速道路へのアクセス道路がオーバーパスしています。
 

19853na10

中条・平木田間の胎内川を渡る、同じく朝の下り列車です。
 

19871na17

今川・越後寒川間を走る下り列車です。この列車は郵便・荷物を行わない客車のみで
編成されていました。
通学時間帯の輸送力列車という意味がありましたが、結局、分割民営化のおかげで旅客会社が機関車を保有することに無駄が生じてしまい、50系客車はまだまだ新しかったものの、こういう客車列車は廃止されてしまいました。
********************
 

Dsc01040

上の写真と同じ場所を走る2011年夏の「いなほ」です。
手前の小屋のところに立った電柱がちょっと邪魔になってしまいました。

|

« 2014年ロンドンの鉄道(8) Liverpool Streeet駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(9) Romford駅 »

80年代の日本の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1980年代の新潟の鉄道(9) 50系客車:

« 2014年ロンドンの鉄道(8) Liverpool Streeet駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(9) Romford駅 »