« 2014年ロンドンの鉄道(9) Romford駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(9) Paddington駅 »

2015年7月 5日 (日)

1980年代の新潟の鉄道(10終) 米坂線

新潟の坂町と米沢を結ぶ米坂線は、先日の桜シリーズでも紹介しましたが、80年代に新潟に住んでいた頃は、やはり紅葉の路線というイメージでした。
 

19864yg08

正確な場所がわかりませんが、小国近くで撮った写真だと思います。
 
 

19864yg11

越後金丸と小国の間の赤芝峡で荒川を渡る普通列車です。だいたいキハ48とキハ58の組み合わせでした。当然のことながら、電源が無いのでキハ58のクーラーは働いていません。
 

19864yg04

こちらは山形県の羽前手ノ子で撮った写真です。ススキが光っています。
 

19864yg07

上の写真の列車の後追いです。
 

19871na09

こちらは米坂線ではありませんが、金塚・中条間の舟戸川を渡る急行「べにばな」です。
この時点ではまだ山形・新潟間の急行でしたが、1991年に米沢発着の快速になりました。現在も羽越本線内は快速で米坂線内は各駅停車となる直通列車が残っています。
*****
 

Dsc06584

越後片貝駅の少し越後下関よりで撮った臨時のリゾート車です。いつもDE10の牽引という形での運転でした。
今回の新潟在住期間では、この鉄橋の近くでよく写真をとりました。
80年代の新潟を紹介するシリーズは、ひとまずこれで終わりにします。
 

|

« 2014年ロンドンの鉄道(9) Romford駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(9) Paddington駅 »

80年代の日本の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1980年代の新潟の鉄道(10終) 米坂線:

« 2014年ロンドンの鉄道(9) Romford駅 | トップページ | 2014年ロンドンの鉄道(9) Paddington駅 »