« 1975年の日本の鉄道(5)寝台特急「富士」 | トップページ | ハリファ大統領が崩御されました »

2022年5月12日 (木)

1975年の日本の鉄道(6)湘南電車

湘南電車という名称は、東京発の東海道線中距離電車の総称でもありますが、狭義には、やはり80系電車を指す言葉かと思います。
1975年時点で、東京に乗り入れている東海道線の中距離電車は、ほとんどが113系となり、伊豆行きの急行の間合いで153系の普通列車も少数ながら走っていました。
その中で、一本だけ沼津行の普通列車が80系で運用されていて、この列車はグリーン車が連結されていなかったので、時刻表からも区別ができました。

6_11

東京駅で発車を待つ80系沼津行です。これに乗って品川まで行きました。

6_12

80系の車内です。座席や内装に木が使われているので、乗ったのは300番台の全金属車ではなかったようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 懐かしの鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

6_14

トイレがついているのでクハ86サハ87だったようです。80系のトイレはデッキから出入りするので、客室内にはドアはありませんでした。天井近くに「禁煙区間 東京-平塚間」という表示が見られます。

6_15

品川駅で向かいのホームに急いで渡り、かろうじて最後尾を撮った写真です。
80系が東京駅から姿を消したのはこの2年後でしたが、残念ながら、東京ではこれが最後の80系の写真となりました。

6_1

153系は登場時は「新湘南型」とも呼ばれたようですが、その後は「東海型」という呼び名が定着しました。

6_2

高運転台になった500番台はオレンジの面積がやたらに広い顔立ちでしたが、これでヘッドマークがあると、かなり締まった印象になったと思います。

6_200703

近年の写真としては、特急「東海」の晩年、2007年に田町駅で撮影した写真です。

(7)では千葉気動車区を紹介します。

|

« 1975年の日本の鉄道(5)寝台特急「富士」 | トップページ | ハリファ大統領が崩御されました »

70年代の日本の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1975年の日本の鉄道(5)寝台特急「富士」 | トップページ | ハリファ大統領が崩御されました »