« さようなら「ビオラ」(2012-2023) | トップページ | アブダビ市内に無軌条電車が走り始めました »

2023年10月15日 (日)

2023年夏の日本旅(23終)クアラルンプールの都市鉄道(KLIAエクスプレス)

現在のクアラルンプール国際空港は1998年に開港しており、初めてこの空港を使ったのはその翌年のことです。
旧空港は都心から比較的近かったのですが、新空港は都心部から50kmほど離れていたので、アクセスが問題でした(初めて利用した時にはタクシーしかありませんでした)。

2002年に、KLIAエクスプレスが開業し、KLセントラル駅と空港が約30分で結ばれるようになりました。現在は、KLセントラルから空港までノンストップのKLIAエクスプレスと、途中駅にも止まるKLIAトランジットが、KLセントラル駅と空港の第2ターミナルであるKLIA2駅の間を結んでいます。エクスプレスとトランジット、どちらも日中は30分間隔で運転されているようです。

23071431

途中駅に停車するKLIAトランジットです。
車両は4車体5台車の連接車で、中国製です。それまではシーメンス製が使われていましたが、この車両が2018年に増備されているようです。

23071432a

車内はクロスシートが並んでいます。

23071433

こちらはKLIAエクスプレスの車内です。座席の構造などは似ていますが、天井の形状などが微妙に違います。全体的に低床構造ですが、連結面の連接台車の上だけ座面が高くなっています。床は低床のままなので、おそらく連接台車は車軸を貫通させていないものと思われます。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

23071435

KLIA1駅です。この駅と終点のKLIA2駅の間で、エクスプレスとトランジットは単線並列運転をしているようで上下関係なく同じホームに発着します。

23071436

クアラルンプール国際空港には、サテライトターミナルとの間を結ぶアエロトレインがあるのですが、アップグレード中ということで運休していました。

23071437

上の写真左の方に、一旦地下に潜って、誘導路の先でまた高架となる軌道が見えますが、これがアエロトレインの軌道です。現在はバスでの連絡です。

23071438

シンガポール航空便でクアラルンプールからシンガポールに飛び、ドバイ行きに乗り換えます。シンガポール空港では到着が第2ターミナル、出発が第3ターミナルということが多く、乗り換えには空港内シャトルのスカイトレインを利用します。

以上で、2023年夏の日本旅の紹介を終了します。

 

|

« さようなら「ビオラ」(2012-2023) | トップページ | アブダビ市内に無軌条電車が走り始めました »

アジアの鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さようなら「ビオラ」(2012-2023) | トップページ | アブダビ市内に無軌条電車が走り始めました »