« 2023/2024年末年始の日本旅(5)イスタンブールの鉄道(マルマライと高速鉄道) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(7)イスタンブールのメトロ(ヨーロッパ側) »

2023年12月26日 (火)

2023/2024年末年始の日本旅(6)イスタンブールのメトロ(アジア側)

2009年に訪れた際には、アジア側の市内交通としての鉄道は「ノスタルジックトラム」のT3系統が走っているだけでした。
現在はアジア側にも3系統のメトロが開業しており、まだこれからも延伸される見込みです。

Ist41

M4系統は、海峡アジア側の旧市街にあたるカドキョイ(Kadikoy)からアジア側の国際空港であるサビハ・ギョクチェン(Sabiha Gokcen)空港までをマルマライのやや北側(内陸側)を通って結びます。

Ist42

4両1ユニットを2ユニット連結した8両運用がされているようです。

Ist43

車両の天井に、イカか何かの魚かのようなものを描いたちょっと変わった絵が描かれています。とりあえず、今回乗った同系統の全ての車両で同じ「天井画」を見ることができました。
空港に直結していますが、M11系統のようにそれを主目的としているわけではなさそうで、ちょっと時間がかかります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Ist45

マルマライのボスタニ(Bostanci)駅から北にパルセラ(Parseller)まで伸びるM8系統。M4系統と次に紹介するM5系統を繋いでいます。青が基調の車内です。

Ist46

無人運転なので車両前後から展望が効きます。複線シールドの線路を走ります。

Ist44

M5系統は、マルマライ、M4系統のさらに北側を通る路線で、マルマライのアジア側最初の駅であるウスキュダル(Uskudar)から東に伸び、現在はチェクメキョイ(Cekmekoy)までを結んでいますが、さらに東に伸ばしているようです。M8系統同様無人運転です。

Ist48

車内は黄色系の色です。

次はヨーロッパ側のメトロを紹介します。

|

« 2023/2024年末年始の日本旅(5)イスタンブールの鉄道(マルマライと高速鉄道) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(7)イスタンブールのメトロ(ヨーロッパ側) »

アジアの鉄道」カテゴリの記事

中東諸国(UAE以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2023/2024年末年始の日本旅(5)イスタンブールの鉄道(マルマライと高速鉄道) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(7)イスタンブールのメトロ(ヨーロッパ側) »