« 2023/2024年末年始の日本旅(14)いすみ鉄道 | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(15)銚子電鉄 »

2024年1月17日 (水)

アブダビ国際空港新ターミナルでの入国

『2023/2024年末年始の日本旅』シリーズはまだ続いていますが、先週末にアブダビに戻って来たのと、アブダビ空港の新ターミナルで入国した時に、ちょっと落とし穴があったので、先に紹介します。

落とし穴(1)パスポートの向き

今回、新ターミナルを使っての入国は初めてだったのですが、入国審査のホールまで進んだところ、入国者の列がかなり長くなっていることに気がつきました。
我々居住者や再入国者は、パスポートの読み込みと網膜写真だけで通過できるe-Gateが使える(日本のパスポート保有者も使えると言われていますが、周りが再入国者ばかりなので未確認)のですが、そのe-Gateの列は短いながら、通ろうとした利用客の半分以上が、ゲートを通過できず、結局一般の入国審査の列に回されて、それが長い列の原因となっているようでした。

自分の番がやって来てブースに入り、何とか通過してみて、どうして皆が通れないのかがわかってような気がしました。
ブースに入るとまずパスポートを読み込みますが、読み取り機のガラス面の形状を見れば、下の写真のようにパスポートを置くべきだとわかります。

Auh2405

ところが、ブースに入ると同時に目の前のディスプレイに手順が案内されるのですが、そのイラストに描かれているパスポートは、下の写真のような、90度回した向きになっています。

Auh2406

私も一瞬迷いました。
おそらくこのイラストに引っかかって、間違った向きにパスポートを置いてしまって通れない、というケースが頻発しているのではないか、と私は推測しています。

これからアブダビ空港のe-Gateから入国される方は、読み取り機のガラス面の向きだけを信じて、パスポートを置くことをお勧めします。


落とし穴(2)タクシー乗り場はそっちじゃない

入国審査、手荷物のX線検査を終え、預け荷物をピックアップして税関を通り抜ければ(手荷物検査を終えると目の前にドーンと税関が見えるので、預け荷物を受け取らないままそちらに進んでしまいそうな気になりかけました)、到着ロビーです。
その到着ロビー入り口のところには矢印案内があって(写真なし)、バスやタクシーは右、レンタカーや駐車場は左と示されています。
しかし、そこから左手の「レンタカー・駐車場」方面に少し進んだところにある案内が下の写真。

Auh2407

ここでもマゼンタ色で囲んだところにはタクシーは右手への矢印が書かれていて、到着ロビー入り口の案内と一致していますが、同時に水色で囲んだところにあるように、タクシーは左、という看板もあります。
結論から言うと正しいのは水色で囲んだ看板の方。ちょうどその看板の横に人が立っているところがタクシー乗り場へのキューの入り口であり、逆にマゼンタの矢印に従って行った方にはタクシー乗り場はありませんから、要注意です。

もともと、ターミナル開業時は右手の方にタクシー乗り場があったのかもしれませんが、こういうところは早く直した方が良いですね。

以上がアブダビ空港で入国する際の注意点です。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

Auh2401

ちなみに、飛行機から降りると搭乗ターミナルの3階部分の通路を進みます。

Auh2402

メインターミナルまで来ると、出発カウンターや出発階の免税店が2階のフロアに並んでいるのが見えます。Total Energyの看板がある壁が、制限エリアの内と外を分けている壁です。

Auh2403

乗り換えは直進、到着は左へ(反対側の搭乗ターミナルに着いた場合は右へ)と分かれます。

Auh2404

エスカレーターを2回乗り継いで1階の入国審査場に入る、という流れです。

新しいターミナルなので、まだ枯れていない部分もあるようですが、全体的には使いやすいレイアウトになっている空港だと思います。

 

|

« 2023/2024年末年始の日本旅(14)いすみ鉄道 | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(15)銚子電鉄 »

アブダビの情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2023/2024年末年始の日本旅(14)いすみ鉄道 | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(15)銚子電鉄 »