« 2023/2024年末年始の日本旅(16)流鉄 | トップページ | 1974年の日本の鉄道(追加:10) 50年前の稲毛駅踏切 »

2024年1月23日 (火)

2023/2024年末年始の日本旅(17)内房線各駅の夜景

今回の「サンキューちばフリー切符」を使っての旅では日が落ちてから、内房線を行ったり来たりしました。

17ub01

館山駅のロータリーです。館山駅は橋上駅になっていましたが、定期の特急列車が来なくなってしまい、寂しくなりました。

17ub02

ただ、東京方面からの高速バスと南房総のバス路線との結節点としての役割があるようで、バス乗り場には大きな看板が掲げられていました。

17ub07_20240123210701

ちなみに、こちらは1963年の館山駅前のバス乗り場です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 懐かしの鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

17ub03

保田駅の夜景です。内房線、外房線には、このような1面2線の島式ホームに、跨線橋を渡ったところの平屋の駅舎、というパターンの駅が多いです。

17ub06

岩井駅の駅横の公園がイルミネーションで飾られていました。

17ub05

イルミネーションの中心には、南総里見八犬伝の伏姫と犬の八房。八房が伏姫を連れて籠った富山(とみさん)の最寄駅がこの岩井駅です。

17ub08

東京湾フェリーとの接続駅であり、鋸山への登山口として主要駅だった浜金谷駅。ただし駅の構造は他の駅と同じです。

17ub09

こちらも1963年に撮った浜金谷駅のホーム。バックは鋸山。

17ub10

こちらは、ほぼ同じ角度で撮った現在の写真。ホーム待合室は1963年以降に建てられたようです。

次は50年前の稲毛駅踏切を紹介します。

 

|

« 2023/2024年末年始の日本旅(16)流鉄 | トップページ | 1974年の日本の鉄道(追加:10) 50年前の稲毛駅踏切 »

60年代以前の日本の鉄道」カテゴリの記事

2000年以降の日本の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2023/2024年末年始の日本旅(16)流鉄 | トップページ | 1974年の日本の鉄道(追加:10) 50年前の稲毛駅踏切 »