« エティハドレイル(Etihad Rail)が旅客輸送を開始(動画の紹介) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(20)羽田からイスタンブールへ »

2024年2月 4日 (日)

2023/2024年末年始の日本旅(19)年末年始のスタンプラリー

昨年夏に帰国した際には、京浜急行の「夏詣」イベントに乗っかって、京急沿線を行ったり来たりしましたが、今回は、帰国してみたところ、いろんなスタンプラリーが開催されていることがわかり、それに同時並行で乗る形で首都圏の多くの民鉄に乗った、ということです。

19stmp01

「メイン」のラリーとなったのは「第13回かんとうみんてつスタンプラリー」
関東地方の民営鉄道42社が参加しており、東京、神奈川、千葉の3都県と、埼玉&北関東3県の4つのブロックに分けられていて、それぞれのブロックで3社制覇、全社制覇をすると、賞品が当たる抽選に参加できる、デジタルスタンプラリーです。
今回は休暇前から千葉県内は一通り回ってみるつもりだったので、ちょうど良い機会だと思って参加しました。
デジタルスタンプなので、「furari」というアプリをスマホにインストールして、各社の設置駅で「スタンプ獲得」ボタンを押すと、ゲットできるというもの。このスタンプの場合は改札を出る必要がなく、電車の車内からでも獲得できるので、効率が良いのが特徴でした。
何しろ上信電鉄やひたちなか海浜鉄道なども含まれているため、42社全社制覇はなかなか大変。結局、埼玉&北関東は埼玉県内の3社(埼玉新都市交通、埼玉高速、東武鉄道)、東京都内も3社(東京メトロ、東京臨海、ゆりかもめ)でしたが、千葉県内は全12社をまわることができました(神奈川は京急のみ)。

この「furari」というアプリはUAEに戻ってくると立ち上がらないので、残念ながらゲットできたスタンプがどのようなものだったかは紹介できません。

なお、このデジタルスタンプは通過中の列車からでも獲得できる場合があります。実は、芝山鉄道に乗りに行った時にはスカイライナーで新鎌ヶ谷から空港第2ビルまで一気に移動したのですが、その際、北総鉄道(千葉ニュータウン中央)成田高速鉄道アクセス(成田湯川)でスカイライナーが130kmで走行中にスタンプを獲得できるか試してみたのですが、千葉ニュータウン中央では失敗しましたが、成田湯川では成功しました。

抽選の賞品が当たることは期待していませんでしたが、良いきっかけになりました。

19stmp02

もう一つ、真面目に回ったのが「私鉄10社スタンプラリー」。こちらは関東の大手私鉄10社が参加しているラリーで、各社のスタンプ設置2駅を回れば、オリジナルシールがもらえて、5社もしくは10社制覇で、抽選に応募できるというもの。
こちらは従来型のスタンプであり、スタンプの設置箇所は改札外なので、それぞれの駅で下車しなければなりません。
これもさすがに10社全部は無理なので、5社を目標に、京成、TX、東京メトロ、東武、そして最後が京急の神武寺駅だったということです。

19stmp03

ちょっと残念だったのは、千葉の「懐かしのヘッドマークスタンプラリー」
これは内房線、外房線を走っていた列車のヘッドマーク(デジタル)を集めるラリーで、始発側の東京都内や千葉までの各駅と、終点側の内房線、外房線の各駅(10駅)を回ってデジタルスタンプを集めて、その達成度に応じてゲットできるスタンプがレアなものになって行くというもの。6つで急行8つで夏臨快速といった具合です。
このデジタルスタンプは「エキタグ」というアプリをインストールして、各駅のスタンプ設置箇所にタッチさせることで獲得できるので、最初に紹介した「みんてつ」のラリーとは違って、改札口を出る必要があるので、ちょっと時間がかかります。

そしてこのスタンプラリー、存在に気がついたのが、いすみ鉄道で大原に出て、そこから銚子に向かっていた時で、その時点で大原、上総一ノ宮、茂原、大網といった駅を通り過ぎてしまっていました。ということで外房線は諦めて、内房線の8駅制覇を目指したのが、(17)で紹介した内房線の夜景を撮った時ということです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 懐かしの鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

19stmp04

「私鉄10社」ラリーで獲得した5社のオリジナルシール。これらはスタンプ設置駅ではなく、沿線の「ポポンデッタ」などで引き換えで、東京メトロとTXは同じ秋葉原のポポンデッタが引き換え場所でした。

19stmp05

「私鉄10社」ラリーの台紙で、右下の応募ハガキ部分に各社シールの右下隅にある社名が書かれた丸いシールを貼って、投函します。
右上のマップに、各社のスタンプ設置駅やシール引き換え場所が描かれていますが、参加各社の中で一番ハードルが高かったのは西武鉄道でしょう。何しろスタンプ設置駅が西武秩父駅、引き換え場所が本川越駅でしたから。

19stmp06

こちらは「懐かしのヘッドマーク」ラリーの始発側各駅のデジタルスタンプ。この東京都内各駅がちょっと難しかった。スマホをかざすタグが、水平のテーブルの上にある駅が多く、そうすると遠くからではどこにあるのか見つけられないということになります。東京駅、品川駅などで苦労しました。

19stmp07

終点側にあたる内房線各駅のスタンプ。こちらは駅舎が小さいので比較的見つけやすかったです。10駅全部となると、内房線とはいっても完全に外房にある江見駅まで行かなければならないので、そこまでは無理と諦め、8駅制覇を目指しました。浜金谷駅は、列車の交換待ちの間に駅舎まで往復することができました。

19stmp08

その結果、内房線は「青い海」まで獲得できました。

19stmp09

なお、もう一つほとんどその気はなかったのですが、歩き回っているうちにスタンプが集まってしまったのが、ディズニー映画の「ウィッシュ」とコラボした「東京メトロスタンプラリー」。色々用事を済ましているうちに、東池袋だけになったので、そこは意図的に下車してスタンプを押し、新宿の映画館でクリアファイルを入手できた、というものでした。

以上が、この年末年始に日本国内で行った「鉄道」を主目的とした活動でした。

休暇の最後は、トルコ航空に乗り、またイスタンブールに立ち寄っていますので、次回以降、そちらも紹介します。

|

« エティハドレイル(Etihad Rail)が旅客輸送を開始(動画の紹介) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(20)羽田からイスタンブールへ »

2000年以降の日本の鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エティハドレイル(Etihad Rail)が旅客輸送を開始(動画の紹介) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(20)羽田からイスタンブールへ »