« 1999年のイスタンブール・シルケジ駅(ネガスキャン) | トップページ | 本日(3月11日)からラマダン(断食月)です »

2024年3月10日 (日)

アブダビのバス運賃が改訂されました

これまでアブダビのバス運賃は、市街地を走る系統番号2桁の市内バスは乗車毎に一律2ディルハム(Dh)定額制運賃、系統番号3桁の中距離バスや空港バス距離制運賃と、異なった運賃体系でした。

これが2月28日から変更され、どちらも初乗りDh2で、その後距離に応じてDh0.05/kmが加算されるというものになりました。


『Abu Dhabi announces new bus fares and routes』


そして、バスを60分以内に乗り継ぐ場合、乗り継ぎ1回については、初乗り運賃がかからないとのことです。

これまで、市内の均一運賃区間でバスを利用する場合、アブダビのバス乗車カードであるHafilatカードを、乗車時に読み取り機にタッチさせれば、降車時は(ルール上では降車時にタッチとなっていても)ちゃんとタッチしなくても問題なかったのですが、これからは降車時にもちゃんとタッチさせないと問題が生じることになりますから(降車記録がないとどうなるのかはまだ不明)、注意が必要です。

2403a03

たまたま先週、アブダビ空港にレンタカーを返す機会があったので、その後はA1系統(写真は中央バスセンター方面に向かうA2系統の深夜便であるN2系統)の空港バスと、市内バスを乗り継いで自宅まで帰りました。

2403a02
最初の空港バスでいくら引かれたのかはちょっと確認できませんでしたが、次の市内バスではDh0.22だけ引かれたのは視認できました。
空港から自宅まで、多分Dh7前後で帰れたと思います(タクシーならだいたいDh100)。

2403a01
ところで今日、自宅近くのバス停からマリーナモールまでバスで往復したのですが、行きがDh2.21、帰りがDh2.20でした。単純計算だと距離200m分、運賃が違うことになります。
確かにバス停の位置を比べると少しだけ往路の方が目的地よりも遠いですけど、ここまで細かく計算するのでしょうか。それに往路と復路では、バスのルート自体は復路の方が遠回りの系統に乗りましたし。

このあたり、今後、系統を変えて乗ってみることで確認してみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

|

« 1999年のイスタンブール・シルケジ駅(ネガスキャン) | トップページ | 本日(3月11日)からラマダン(断食月)です »

UAEの交通」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1999年のイスタンブール・シルケジ駅(ネガスキャン) | トップページ | 本日(3月11日)からラマダン(断食月)です »