« 2023/2024年末年始の日本旅(32)イスタンブール・トプカプ宮殿(2) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(34)イスタンブールの公衆浴場と垢擦り »

2024年3月25日 (月)

2023/2024年末年始の日本旅(33)イスタンブール・グランドバザールなど

イスタンブールのスレイマニエ・モスクブルーモスクに挟まれたあたりに、グランドバザール(Kapli Carsi)が広がっています。1辺が200mくらいはあるのではないでしょうか。
ドバイのデイラ側に残るスークに似た感じですが、通路も屋根に覆われているところ、ちょっとアップダウンがあるところが違います。

33istbz01

おそらくバザールの「正門」だと思います。一応入り口に金属探知機があって、そこを通るように言われます。

33istbz02

中には小さな商店がこのように沢山並んでいます。この一角は貴金属店が軒を連ねていました。

33istbz03

少し広くなったところにあった水飲み場(?)、噴水(?)

にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

33istbz04

このバザールも増築を重ねたのか「OLD BAZAR」と書かれた一角もありました。

33istbz10

バザールの入り口近くに立つコンスタンティヌスの円柱です。

33istbz06

トラムの通りに面した店に、カリグラフィーやそれを書くための道具、コーランを広げる台などが売っていました。

33istbz05

バザールの南側を通るT1系統のトラムの走る通りを渡ると、マルマラ海に向けての下り坂になります。ここにも多くの商店が集まっています。

33istbz07

アヤソフィアの近くに、かつての地下貯水池を公開している「地下宮殿」がありますが、そこは前回訪れていたので、もう一つ、バザールの近くにある「テオドシウスの貯水池(Serefiye Sarnıcı)」に行ってみました。

33istbz08

地下宮殿に比べるとこじんまりしているという印象。入場料は国民が80リラに対して外国人は500リラでした。

33istbz09

このようなプロジェクションマッピングを見せる方に力を入れている施設のようでした。その分、照明施設を設置するためのフレームが目立ちます。面白いとは思いましたが、どちらかと言えば地下宮殿の方でしょうか。

 

|

« 2023/2024年末年始の日本旅(32)イスタンブール・トプカプ宮殿(2) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(34)イスタンブールの公衆浴場と垢擦り »

中東諸国(UAE以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2023/2024年末年始の日本旅(32)イスタンブール・トプカプ宮殿(2) | トップページ | 2023/2024年末年始の日本旅(34)イスタンブールの公衆浴場と垢擦り »