« 2024年ラマダンの風景(4)幹線道路の飾り付け | トップページ | Eid休暇中に買い物をしていたら »

2024年4月10日 (水)

2024年ラマダンの風景(5)ドバイの風景

ラマダン中は大人しくしているのが常だったのですが、今回は、ラマダン終了直前の週末にドバイに行ってきました。日中飲食ができない想定だと、気温も上がりつつある中で街歩きなどは厳しいのですが、その点、アブダビでこれだからドバイはもっと緩いだろう、という読みでした。
ただ長く歩いたのは夜になってからで、日中に飲食店に入らずに、こっそり持参の水を飲んだのは1回だけでした。

Dx01

ジュメイラ(Jumeirah)地区のアルワスル通りに面しているイラニアン・モスクです。ちょうど夜のお祈りの直前のタイミングだったのですが、塀の外から写真を撮っていたら、手招きされて、中に入らせてもらい、お水もいただきました。
ここはイランらしい、鮮やかな色彩のモスクです。

Dx02

ジュメイラのモスクとして最も有名なのが、ジュメイラ・モスク(ジュメイラ・グランド・モスク)でこちらは海沿いのジュメイラ通りに面しています。イラニアン・モスクとは徒歩5分くらいの距離です。
このようなプロジェクションマッピングが行われています。

Dx05

ジュメイラモスクから1kmほど内陸側にあるサトゥワ・ビッグモスクです。ラマダンの最終盤では、夜のお祈りに1時間以上かけますから、21時近くでしたけど多くの人々がモスクに集まっていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

Dx03

ドバイの通りの電飾はアブダビに比べると控えめです。このように木にぶら下げたり、

Dx08

電柱の上部をちょっと飾るパターン。

Dx04

でも、ジュメイラ通りのエティハド博物館(Etihad Museum)の少しジュメイラ・モスク寄りの一角だけ、このように派手に飾られていました。

Dx09

サトゥワ・ビッグモスク近くのサトゥワ通りはこのようなカラフルな飾りつけがなされていました。これはラマダンに限ったことではなさそうでしたけど、この飾りの意味はわかっていません。

Dx06

サトゥワ・ビッグモスクからメトロのワールドトレードセンター駅まで歩いたのですが、このように空き地に車座になって座っている男性のグループをよく見かけました。

Dx07

先日も紹介したドバイクリークを渡るアブラ(渡し船)の発着場近くにあるレストラン。
クリークを眺めながら食事というのも良いかもしれません。天井からは月や星の飾りが沢山ぶら下がっていました。

 

|

« 2024年ラマダンの風景(4)幹線道路の飾り付け | トップページ | Eid休暇中に買い物をしていたら »

ドバイの情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2024年ラマダンの風景(4)幹線道路の飾り付け | トップページ | Eid休暇中に買い物をしていたら »