« イード休暇は明日から6月18日まで | トップページ | 2024年夏の日本旅(2)キャセイパシフィック航空で香港から日本へ »

2024年6月16日 (日)

2024年夏の日本旅(1)キャセイパシフィック航空で香港へ

6月15日から帰国休暇で日本に戻っています。
今回は、ドバイからキャセイパシフィック航空(CX)での帰国です。

これまでもシンガポール航空(SQ)を使ってドバイから日本には帰っていましたが、SQはドバイ発が20時頃で、会社が終わってからタクシーで向かうとしてもかなり慌ただしい。
その点、CXはドバイ発が23時頃なので少し余裕があります。

アブダビをタクシーで出たのが18時15分頃。金曜日の所為か、途中のシャハマあたりから車の流れが悪くなりました。でも一方でドバイ市街地に入ったのが19時半頃だったためか、ドバイモールあたりまではほとんど渋滞することなく進めました。
ドバイモールのところで、シェイク・ザーイド・ロードがほとんど動かないような渋滞になっていたので、タクシーの運転手が内陸側を迂回するルートをとり、ドバイ空港の入り口には20時頃にはつけました。
ただ、そこからターミナルに入る道で長い渋滞に引っかかり、最終的にタクシーを降りたのが20時25分。所要2時間10分でした。

SQに乗ろうとすると、その時間帯はタクシーが2時間半くらいかかるので、それよりは早かったという印象です。

CXのチェックインカウンターはほとんど並んでおらずスムーズ。荷物は1個23kgが2個で、一つが26kgだったのですが、トータル40kgだったのでOKでした。

イードの4連休前ということで、出国者が溢れていましたが、とにかく多くのブースを開けて捌いていたので20分ほどで通過できました。今回、ドバイのスマートゲートを初めて使ったのですが、とうとうパスポートさえ読まず、顔認証だけで通過でした。

240600

SQの時はラウンジが使えるのですが、CXはここでは使えないので、免税店を見たり、マクドナルドでちょっと食べて(日本と違って街中と値段が変わらない)、それから搭乗口へ。ラウンジで過ごす時間がないと免税店で買い物をしやすくなる、ということがわかりました。

240601

搭乗はおよそ40分前から。
今回はプレミアムエコノミー利用です。
CXの場合、エコノミーの一番安い値段のクラスだと荷物を23kg1個しか預けられません(エティハドやSQなら30kg)。これを2個運べるようにしようと思うと、約2万円運賃が高くなり、プレミアムエコノミーとほとんど変わらない値段になってしまう。それがプレミアムエコノミーを選んだ理由です。

240602

ドバイ・香港間はB777で、エコノミーが10列に対してプレミアムエコノミーは8列ですからピッチも広く、座席にレッグレストもついていてインパクト大です。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

240603

夜食はこのような感じ。チキンはちょっと独特の味。ハーゲンダッツが付いてます。

240604

朝食はコンチネンタルでした。テーブルも広いです。

240605

香港には定刻よりも少し早めに着陸しましたが、空港内が混んでいて搭乗口に着くまでに30分ほどかかりました。

240606

メインのターミナルビルの根元にある乗り継ぎ口から出発階に向かいますが、以前に比べると利用客が少ないという印象を受けました。列に並ぶことなく、すぐに手荷物検査を受けて通過できました。

240607

空港を見る限り、CXはまだ昔の勢いには戻っていないように感じました。

 

|

« イード休暇は明日から6月18日まで | トップページ | 2024年夏の日本旅(2)キャセイパシフィック航空で香港から日本へ »

飛行機の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イード休暇は明日から6月18日まで | トップページ | 2024年夏の日本旅(2)キャセイパシフィック航空で香港から日本へ »