ドバイの情報

2024年5月 6日 (月)

窓口一本化?(7人制ラグビー)

7人制ラグビーHSBC SVNS シリーズの小ネタを一つ。
配信を見ていて気がついたことがありました。

このシリーズでは試合に勝つと、インタビュアーが選手を一人捕まえてインタビューをすることが多いのですが、必ずしもキャプテンに限らず、トライをあげた選手など、いろんな選手がインタビューを受けています。

日本チームも、以前の試合の動画を見ると、試合ごとに異なった選手がインタビューを受けていたのですが、中には英語が苦手そうな選手もいたり。

D722_20240506235801

ところが最近の試合では、インタビューを受けるのは中村知春選手(写真右:ドバイ大会のアイルランド戦)に一本化されたみたいです。

チーム最年長ということもあり、いつも堂々とした受け答えをされています。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年5月 5日 (日)

惜しくも6位(7人制ラグビー)

以前に紹介した、7人制ラグビーHSBC SVNS シリーズ。この週末は第7戦のシンガポール大会が行われました。
12カ国がコアチームとして参加しているこのシリーズは、次の最終第8戦では上位8カ国はチャンピオンシリーズに出場できますが、下位4カ国は下部シリーズの上位4カ国とも戦うチャレンジシリーズに回り、そこで上位4カ国に入らないと、コアチームに残れなくなってしまいます。

女子のみがこのコアチームとして戦っている日本ですが、ここまでの成績が10位。9位のブラジルとは7ポイント、8位の英国とは9ポイントの差がありました。

でも今大会で日本は、プール戦で現在4位のアメリカに9年ぶりに勝利するという金星を上げて、プール2位で準々決勝に進出。プールでの成績が良かったので、豪州、ニュージーランドではなく、フィジーとの対戦となり、初めて準決勝に進出できるかも、その結果上位8カ国に入れるかも、という期待が膨らみました。

4日午後に行われたフィジー戦は、結果として10対12で敗戦。
コンバージョンキックの差が出たのと、最後のロスタイムでの攻撃であと数十cmまで迫ったにも関わらず、という惜しい試合でした(2000年1月に行われたNFLのスーパーボウルで、最後のプレーでタイタンズがあと1ヤード届かず「The Longest Yard」と言われた試合が思い出されます)。

D240503

ドバイ大会でもプレーしていた、フィジー戦のヒロインとなった矢崎選手です。

その結果として5日午後にアイルランドとの5位決定戦を戦った日本でしたが、これも17対19で惜敗。こちらもロスタイムにトライを奪ったものの、コンバージョンが決まらずに追いつけなかったという試合でした。

UAEでも観ることができるRugbypass.tvで試合を観ていましたが、昨日も今日も、アナウンサーが「日本は準決勝にセンチメートル、ミリメートル届かなかった」と、フィジー戦の最後の攻撃のことを言い続けていました。

レバタラですけど、どちらの試合も試合終盤に立て続けてにトライをとることができたけど、その時にはドロップキックの上手い内海選手が下がっていた、というのも不運でした。

D240501

D240502
ドバイ大会での内海選手と、ピンボケですけど、そのコンバージョンキックです。

この試合で日本はブラジルを抜いて9位になるはずです。
今月末にマドリードで開かれるチャレンジシリーズでは、最上位チームとして出場することになりますが、きっちりコアチーム残留を決めてくれると思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

本日も雨です

今日(5月2日)は朝から

240502

先月の大雨ほどではありませんでしたが、それなりにまとまった量の雨が降り、道には水溜りもできて、会社はリモートワーク推奨でした。まあ、午前中にはやみましたが。

240503

この国が問題なのは、排水能力が低いことで、このような雨水升はあっても普段から舞っている砂で詰まってしまって、このように水が抜けて行かないことが問題。そして砂地も、砂の下には塩分が固まって水を通さない層ができているものなので、低地に溜まった水は蒸発するのを待つしかない、というのがこの国の実情です。

240501

さて、先日ドバイに行った際に、ドバイメトロのアルグバイバ駅で、このような「Umbrella Sharing Network」という機械を見かけました。ドバイの交通カードであるNol Cardをタッチして、手前の傘を左から引き抜き、使い終わった傘は右手前に戻すようでした。
まさかにこの国でこのような機械を見ることになるとは、思ってもいませんでした。
ドバイ市内にどれくらい設置されているのかわかりませんが、こういうものが役立つようになる気候になって来たのでしょうか。

5月に本格的な雨なんて、少なくとも私には初めての経験です。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月28日 (日)

グローバルビレッジの休園入りは5月5日まで延長

先日も紹介したドバイのテーマパーク、グローバルビレッジ(Global Village)は、屋外型なので、毎年夏季は休園となりますが、今年は4月28日までとアナウンスされていました。

でも、この4月はなかなか気温が上がらずに、もう5月に入ろうかというのに最高気温が30度程度ですから、もう1週間大丈夫という判断なのか、5月5日まで延長と発表されました。

『Global Village will now close on May 5』


もともと今シーズンは10月の開園も予定よりも1週間早かったのですが、やはりこの地域の気候が変わっているのでしょうか。

2403dxb12

グローバルビレッジの来園者数は昨シーズンが900万人とのこと。半年でこの数字だと、世界一の来園者数を誇るテーマパークがマジックキングダムの年間1700万人ですから、毎日の来園者数はそれにほぼ匹敵しているということですね。
ちなみに12歳以下の子供のパーク入場料は先週から無料になっています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年4月18日 (木)

大雨でドバイまで行けず、フライトに乗れず

実は、今夜(4月18日)のシンガポール航空便でドバイを発つ予定だったのですが、ドバイとアブダビを結ぶシェイク・ザーイド・ロードが、大雨の影響でドバイ市街地よりもかなり手前のジュベルアリあたりで通行止め。
ドバイ空港までタクシーで行こうとすると、かなり内陸を大回りしなければならず、アブダビのタクシーの運転手には「先が読めない」と断られてしまいました。

少しずつ回復はしているようなのですが、とても今夜のフライトに乗れる確証が持てないということで、アブダビ空港発のエティハド航空便に乗ることにしました。
もともとエティハド往復は高いからと、往路だけシンガポールにしたのに(復路はエティハド)、エティハドを片道ずつ買ったことで、約6万円セーブしたつもりが、8万円余計に払う格好になってしまいました。
それでも今日、エティハド往復で航空券を買うよりは安かったですけど。

これからアブダビ空港に向けて出発します。

Auh53

写真は近所のビルの地下駐車場への通路。雨の間は土嚢を積んでいたのでしょうけど、土嚢を用意していたのがちょっと驚きです。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2024年4月10日 (水)

2024年ラマダンの風景(5)ドバイの風景

ラマダン中は大人しくしているのが常だったのですが、今回は、ラマダン終了直前の週末にドバイに行ってきました。日中飲食ができない想定だと、気温も上がりつつある中で街歩きなどは厳しいのですが、その点、アブダビでこれだからドバイはもっと緩いだろう、という読みでした。
ただ長く歩いたのは夜になってからで、日中に飲食店に入らずに、こっそり持参の水を飲んだのは1回だけでした。

Dx01

ジュメイラ(Jumeirah)地区のアルワスル通りに面しているイラニアン・モスクです。ちょうど夜のお祈りの直前のタイミングだったのですが、塀の外から写真を撮っていたら、手招きされて、中に入らせてもらい、お水もいただきました。
ここはイランらしい、鮮やかな色彩のモスクです。

Dx02

ジュメイラのモスクとして最も有名なのが、ジュメイラ・モスク(ジュメイラ・グランド・モスク)でこちらは海沿いのジュメイラ通りに面しています。イラニアン・モスクとは徒歩5分くらいの距離です。
このようなプロジェクションマッピングが行われています。

Dx05

ジュメイラモスクから1kmほど内陸側にあるサトゥワ・ビッグモスクです。ラマダンの最終盤では、夜のお祈りに1時間以上かけますから、21時近くでしたけど多くの人々がモスクに集まっていました。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

続きを読む "2024年ラマダンの風景(5)ドバイの風景"

| | コメント (0)

2024年4月 2日 (火)

ドバイのグローバル・ビレッジに行って来ました(2)

グローバル・ビレッジは夜の方が賑わうテーマパーク。
その夜景を紹介します。

2403dxb12

中央の広場から見る、ライトアップされたパビリオン群。多くの人々がこの広場でピクニックです。

2403dxb14

夕暮れの水辺の水上レストランにも人々が集まります。

2403dxb17

この派手な建物はトイレです。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

続きを読む "ドバイのグローバル・ビレッジに行って来ました(2)"

| | コメント (0)

2024年4月 1日 (月)

ドバイのグローバル・ビレッジに行って来ました(1)

ドバイの中心部から車で30分ほど内陸に向かったE311号線(シェイク・モハンマド・ロード)E611号線(エミレーツ・ロード)に挟まれた一角にあるグローバル・ビレッジ(Global Village)というテーマパークに3月の最初の週末に行って来ました。
このグローバル・ビレッジは、2000年頃からあったテーマパークで、パーク内には世界各国を紹介する(と言っても、お土産物と食べ物が買えるくらい)簡単なパビリオンがあって、おそらくドバイの子供達が異国の文化に触れられる場所として、開設されたのだと思います。

2403dxb01

屋外型のテーマパークなので、オープンしているのは10月から4月までで。おそらく、ドバイで万博が開かれたらこんな感じかな、という気持ちで、子供が小さかった頃、何回か訪れていました。
まさか、ドバイで本物の万博が開かれるとは夢にも思っていませんでしたが。

2403dxb02

ビレッジの周りには広大な駐車場があるのですが、土曜日の夕方という、一番混みそうな時間帯に行ったので、隣にあるシティーランド・モール(Cityland Mall)というショッピングモールの駐車場に誘導されました。

2403dxb03

駐車場からビレッジの裏口までは3〜400mといったところ。「リキシャ」のサービスがありましたが運賃はDh10(約400円)でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

続きを読む "ドバイのグローバル・ビレッジに行って来ました(1)"

| | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

シャルジャのカリグラフィー博物館

シャルジャの歴史地区の中にはカリグラフィー博物館(Sharjah Calligraphy Museum)があります。
アラビア文字を装飾的に書くカリグラフィーは、イスラム教の成立とその伝播の過程と密接に繋がっているようで、コーランに書かれている内容を特別なものとして人々に知らしめる効果があったようです。
アラビア文字は曲線が多用された文字ですから、カリグラフィーにはうってつけなのかもしれません。先日訪れたイスタンブールのトプカプ宮殿でも、多くのカリグラフィーが展示されていました。

2403sh01

博物館は歴史地区の一角、Heritage Museumのすぐ近くにあるのですが、建物が面している広場に通じている道はどれも細く、また大きな看板も出ていないので、見つけるのにちょっと苦労しました。

2403sh02

ホールの壁には様々なカリグラフィーが飾られています。

2403sh03

こういう装飾作品は、やはりトルコイラクの方が主流のようで、これは2000年代に入ってからトルコで描かれた作品です。

2403sh03a

こういった雫形にまとめた作品もよく見かけます。これはイラクで描かれた作品ですが、この作品の場合は右下から読むようです。ただその読み方も必ずしも決まっていないとのことです。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

続きを読む "シャルジャのカリグラフィー博物館"

| | コメント (0)

2024年3月14日 (木)

シャルジャの歴史地区とブルースーク

先週、久しぶりにドバイの北側に隣接する首長国シャルジャを訪問しました(カテゴリーは「ドバイの情報」としています)。
シャルジャはドバイから車で15分ほどで行ける距離にありますが、酒が飲めない首長国であるため、観光客は少なめでホテルもドバイに比べると安い、という特徴があります。
そしてドバイほど開発が進んでいない分、歴史的なものなどはよく残っています。

またここには、まだ大きなショッピングモールが建設される前の時代に、1箇所でいろんなものが買えて、かつ近代的な建物のスークとして建てられた、「シャルジャのスーク(ブルースーク)」があり、UAEのお土産を買いたいという人は、よく連れて行っていました。

2403sh11

シャルジャの歴史地区の多くの博物館が、この「Sharja Wall」に囲まれたエリアにあります。シャルジャの特徴の一つとして英語の表記が少ないところ。場所によってはアラビア語オンリーのところもあり、ドバイやアブダビから来ると、その点が新鮮です。

2403sh12

Sharja Wallの中、建物が密集しているところをすり抜けます。案内表示が少なめで、ちょっと目的の建物を見つけるのに苦労しました。

2403sh13

シャルジャの歴史地区にある「Heritage Museum」です。この地域の人々の暮らしに焦点を当てた展示で、現在、ドバイ博物館が休館中なので、ここが一番充実しているかと思います。

2403sh14

今回、訪れてみて初めて知ったのが、シャルジャの「Rolla Square」にかつてはこんな大きな木があったということ。残念ながら1978年に枯れてしまったそうですが、その時点で樹齢150年だったようです。日立のコマーシャルに出てきそう。

にほんブログ村 海外生活ブログ UAE・ドバイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "シャルジャの歴史地区とブルースーク"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧